pigs

Post by 2010.05.06. Categoriesd . taged


ゴールデンウィークがあけてみれば、口蹄疫の発生農場は23か所にものぼっている。連日新たな発生についての発表があり、私たちはそのたびに落胆させられ、これ以上の感染拡大がないことを願うばかりだ。

ところが、私たちのもとに入ってくる情報といえば・・・、対応の遅さが目立ち、生産者への具体的な行動指針や行政の考えるこれからの方向性などが何もみえてこない。

不安ばかりが募る。

消毒の徹底はもちろん有効であるが、それだけで感染拡大を予防することができるのか。
「消毒剤を配布するので取りに来てください」という行政からの連絡。喜んで取りに行く農家も多いようだが、その配布場所は感染拡大の危険地帯とはならないのか。

移動制限区域内にある生産者の精神的苦悩は計り知れないものだろう。そして、現場で家畜の処分に務めている関係者の疲労と苦労もまた想像を絶するものである。

農水省をはじめとする行政と、それぞれの組織が団結し、移動制限区域や搬出制限区域内の生産者の要望などを吸い上げ、そのうえで生産者の進むべき道を一刻も早く示してほしいと思う。

養豚生産者としての個人的な意見です。