ワクチン接種決定

Post by 2010.05.19. Categoriesd . taged

ブログの中で、口蹄疫に関する書き込みが続いていることをご理解ください。
地元宮崎の多くの仲間が口蹄疫被害に遭い、またこの混乱の中に身を置いています。

宮崎県と鹿児島県で養豚業を営んでいる者として、今回の問題に対する情報や私個人の想いを発信させてください。

今日午前、発生地から半径10km圏内で飼育されている家畜への口蹄疫ワクチン接種が決定した。

国内発のワクチン使用ということでどの程度の効果があるのか・・・誰にもわからない。
ここまで感染が拡大した中にあっては、その感染拡大スピードを遅める効果はあっても、ワクチンにより感染拡大が絶対止まるという保障はどこにもない。

これ以上の感染拡大を食い止めるために、大きな犠牲を伴い、緩衝地帯としての役割を果たされる同業者の気持ちを察するといたたまれないものがある。「たくさんの人に美味しく食べていただきたい」と大切に育ててきた家畜。その気持ちはみな同じであるはず。

いま様々なかたちで、被害農家を支援する取組みがはじまっている。
これを機に、多くの方々に今回の口蹄疫について、その被害の甚大さ、防疫対策の問題や不備について知っていただき、なにかを考えていただけたらと願っています。

政治、法律、報道の在り方、グローバル化・・・、多くの問題が複雑に絡んでいるような。

いつの日か国民が希望をもって暮らせるような日本になるのでしょうか。